この前、ケーキを作るために材料を買いに出かけました。小麦粉や生クリームをスーパーで買った後は、ケーキを焼く時に使う型を買いにダイソーへ!お目当ての物を探していると…

ふりふりクリームメーカーなるものを発見!何でも、生クリームをこの容器に入れてシェイクするだけで、ホイップクリームが出来る便利グッズの様なのです。

 

泡だて器とボウルで、ホイップクリームを作る予定でした。が、「こんなに良い物があるなら、便利な方を使いたいよね」と、思い購入しました。

 

しかし…実際に使ってみると、中々上手にホイップクリームが作れません(´;ω;`)説明書通り作っているのですが、何故か固まらないのです。クリームがトロトロには、なるのになぁ(;^ω^)

 

そこで、ネットで上手にホイップクリームを作る方法を調べて、色々と試してみました。今回は、その中でも特におすすめのやり方を紹介しますね。


スポンサーリンク


ふりふりメーカーの使い方とは?

先ずは、簡単にふりふりクリームメーカーの使い方を説明しますね。やり方は簡単!

★使い方

  1. ふりふりクリームメーカーの容器に、生クリームを100ml入れる。
  2. ふたを指でおさえて、3~5分程度素早く振る。
  3. お好みの固さでホイップする。

↓ 裏の説明書きに、この様に書いてありました。

 

泡立てる時のポイントも、書いてあります。

★ ポイント

  1. 冷えた生クリームを使う。
  2. 長い時間、泡立てすぎない
  3. 生クリームの脂肪分の比率によっては、ホイップしづらい場合がある。

 

この3つのポイントを守って、説明書きの通りに作ってみました。ただし、ポイント3については「どれくらいの脂肪分の比率だと、ホイップクリームが出来ないのか?」が、分かりませんでした。

 

なので、ポイント3はとりあえず気にしないで、市販で売っている生クリームを試してみる事にしたのです。まさか、それが1番の失敗の原因になるとは、この時は思いもしませんでした(´;ω;`)

 

ホイップクリームを作ってみた

先ずは、始めてホイップクリームを作った時の様子を紹介しますね。

 

スジャータの生クリームを使います。

 

冷蔵庫で、一晩冷やした生クリームを100mlの線の部分まで入れて…

 

5分間シェイク!そして、出来上がったのがこちら!

うん…(;^ω^)「失敗!」

 

少しトロミがあるけど、完全に液体です。その後、色々調べた結果ジャムを使うと、生クリームが固まりやすい事が分かりました。そこで、先ほどシェイクしたクリームに、いちごジャムをイン!

 

さっきよりも更にトロミが付いたけど、ホイップクリームにはまだまだ遠いです。それに、「生クリームが常温になっているし、シェイクのやり過ぎで分離したのかも…」と、考えて改めて再挑戦してみました。


スポンサーリンク


ホイップクリームを作るコツとは?

今度は、冷やした状態でスジャータの生クリームにいちごジャムを入れて、5分間シェイクしてみました。

 

すると…始めは、トロトロのクリームが出てきました。が、次第に固いホイップクリームが出てきたのです。

 

よく見ると、泡だて器でホイップされた様なクリームが、たくさん容器の周りについていました。生クリームを冷やしてジャムを入れると、後半にホイップクリームが出てきますよ(^^)

 

次は、動物性の生クリームに変えて、ホイップクリームを作ってみました。因みに、先ほどのスジャータの生クリームは、植物性のクリームです。

 

すると…なんと、3分ほどシェイクするだけで生クリームが固まってきました。

 

嬉しくなって、続けてクリームを出してみると…

 

見事に固まっています!
今回は、2つのクリームを使った画像で紹介して行きました。

 

しかし、記事には載せていませんが、実はスーパーで売っている生クリームは、ほとんど試してみたのです。その結果、植物性の生クリームは固まり辛い事が分かりました。なので、ふりふりクリームメーカーでホイップクリームを作る時は、動物性の生クリームを使った方が良いですよ(^^)

 

※泡だて器を使うと、勿論どの生クリームでもホイップクリームは作れます。

 

終わりに

今回、色々と試して分かった事があります。それは、ふりふりクリームメーカーでホイップクリームを作りたいのなら【ふりふりクリームメーカーの泡立てのポイントを守る】と、いう事です。

 

私なりの、解釈を交えた泡立てのポイントです。

★ ポイント

  1. 冷蔵庫でキチンと冷やした生クリームを使う。
  2. 5分以上、生クリームをシェイクしない。
  3. 動物性の生クリームを使う。

この3つのポイントを守って、簡単にホイップクリームを作ってしまいましょう!料理の幅が広がること間違いなしですよ(^^)

 

因みに、使用した生クリームはお菓子作りやコーヒーゼリーやクリームチーズと一緒に美味しくいただきました♪


スポンサーリンク


Pocket