私が子供の頃は、お年玉と言えば「正月に貰える大きなお小遣い」と、思っていました。特に学生の時は金欠になると、いつも「今年のお年玉で、これを買おう」とか「多分来年のお年玉はこれ位貰えるから、あれをやってみよう」と、考えていました。

(今考えると、すごく恥ずかしいですが(;^_^A)

 

しかし、お年玉を渡す側になって初めて「なんで、正月にお年玉をあげなきゃいけないの?」「なんで、正月に子供にお金を渡すの?」「お年玉の由来って何?」と、疑問がわいてきました。なので早速調べてみると、私が考えもつかなかった理由がドンドン出てくる!

 

それに、子供が何万円もお金を持つ機会はお年玉くらいしかありません。せっかくなので

  • 何でお年玉が貰えるのか?
  • お金の管理はどうすれば良いのか?

など、お金について教育するのも良いかもしれませんね(^^)


スポンサーリンク


お年玉の由来とは?

今では、お年玉と言えば正月の時に渡す、子供へお小遣いのだと考えている方が多いと思います。しかし、元々お年玉とはお金ではなくお餅を配る事だったのです。

★お年玉の由来について

お米の神様である「年神様」は、正月の間に各家庭を訪れ、家族の代表の家長に1年間の健康と幸福を授けます。元々、鏡モチは年神様へのお供え物で、この鏡モチには訪問された年神様の魂が宿ると考えられてきました。

そして年神様の魂が宿った鏡モチを「御年魂(おとしだま)」と呼ぶようになったのです。これがお年玉の名前の由来になります。

「年のありがたい賜物(たまもの)だから、お年玉と言われるようになった」と考えられている説もあります。

この様に、正月は家の代表である家長が「年神様から、ご利益を受け取る事が出来る」と考えられてきました。そして「家族みんなが、年神様からご利益受け取れる様に」と、年神様の魂が宿る鏡モチを配りました。この習慣が、現在のお年玉として根付いたのです。

シーブックシーブック

今までは、何となく「正月には鏡モチを飾る!」って思っていたけど、神様が宿る依り代だったんだね。


スポンサーリンク


何故、子供にお金(お年玉)をあげるのか?

元々は、家の代表の者が家族に配る鏡モチをお年玉とされていました。それが、何故「お年玉=子供にお金を渡す」になったのでしょうか?それには理由があります。

 

実は、お年玉は歴史が古く中世(鎌倉時代~室町時代)頃には、すでにお年玉が習慣化されていたと考えられていたのです。元々は家族の中で行っていた習慣でしたが、月日が経つにつれ少しずつ変化して行きました。

 

【家族の長である家長が、下の者である他の家族(妻や子共)にモチを配る】この習慣を商人もするようになったのです。その結果「使用人は正月になると、雇い主からお金や物を受け取って自分の里へ帰る」このおこないが根付いて行きました。

 

因みに「お金や扇子・茶碗などの物品を与える」といったやり取りは、室町時代からあった様です。

 

こうして、正月になると目上の者が目下の者にお金や物を与える事が伝統になり根付きました。そして、高度経済成長の頃になると「お年玉=お金」になったのです。

 

※ここからは、調べた情報を参考に考えた私の推察です。

昔は、男尊女卑の時代でした。夫が目上の者で、妻が目下の者です。なので、目上の夫が目下の妻や子共へお年玉(鏡モチ)を配っていました。しかし、現在は男女平等で核家族化が進んでいます。

 

すると、目下の者が子供だけになります。お年玉を配る対象が子供になり、高度経済成長後の今は「お年玉と言えばお金」という考えが根付きました。そして、「正月は子供にお年玉(お金)をあげる」となったのだと思います。

シーブックシーブック

元々は、正月に目上の人が目下の人にモチを配る習慣があって、時間が経つにつれ「モチ→物→お金」に変わって行ったんだね。

なんでお年玉はピン札?

「お年玉はピン札の方が良い」と、聞いたことがありましたので、理由を調べてみました。その理由を結果から言ってしまうと「大人としてのマナーだから」です。

 

上の章で説明した通り、お年玉は元々鏡モチの事です。それが、時代と共にお金に変化しました。更に付け加えると「お年玉=お金」と、完全に根付いたのは高度経済成長が始まった1954年頃です。

 

この記事を書いた2018年から考えると、まだ64年しか経っていません。なので、歴史や伝統というより「今年1年のご祝儀」と言う意味合いが強いのです。

 

1年の初めに渡す物なので「貰う人が気持ち良くいただける」その様に配慮した結果、なるべくキレイなピン札を渡す事に繋がりました。確かにボロボロなお金よりも、キレイなピン札を貰った方がテンションが上がるし、新年を明るい気持ちで迎えられそうです(^^)


スポンサーリンク


終わりに

子供の頃は「お正月は、お小遣いがたくさんもらえて嬉しい!」位にしか考えていませんでした。しかし、お年玉には深い意味が込められていたのです。

★お年玉についてのまとめ

  • お年玉は神様が宿る鏡モチの事だった。
  • この鏡モチが月日が流れて物やお金に変わった。
  • お年玉は、目上の者が目下の者へ贈るものである
  • お年玉を渡すのは、今年1年のご祝儀と言う意味合いもある

 

シーブックシーブック

お年玉って、奥が深い!

もしも子供にお年玉について教えるなら

  • お年玉は、昔はお餅だったんだよ
  • 正月のお餅を食べると、今年1年元気で幸せに暮らせるんだよ
  • このお金は、新しい年を迎えられたお祝いで、○○ちゃんの為に使ってねって貰ったんだよ

この様に説明しようかな?と、思いました。よろしければ、参考にしてみて下さいね


スポンサーリンク


Pocket