顧客満足度調査コンビニエンス部門全国1位、日本で一番歴史が古いコンビニ、それはセイコーマートです。セイコーマートは主に北海道を拠点にしているコンビニで、道民でセイコーマートを知らない人は皆無なほど有名なコンビニです。

 

最近はテレビなどでも取り上げられて、全国的にも知名度が出てきました。道民の1人として、とてもうれしいです。幼い時はアイスやお菓子、自立した後は、ホットシェフやお惣菜にいつもお世話になっていましたねw

 

今回は、いつもセイコーマートにお世話になっている道産子主婦が、セイコーマートについて詳しく紹介して行きますね。


スポンサーリンク


セイコーマートとは、どんなコンビニ?

セイコーマートは、100円のお惣菜や店内調理で出来立てのお弁当を販売するなど、独自のプライベートブランドを持つコンビニです。私がセイコーマートについて調べてみると、「お客様の視点に立って物事を考えてみる」事を大切にいているのが伝わって来ます。

 

100円お惣菜は、既に出来上がっているコンビニ弁当よりも「お客様の好きな物を選んで欲しい」「選ぶ楽しみを感じて欲しい」という思いから作られている様でした。

 

ホットシェフは「美味しいお弁当を食べ欲しい」と言う思いだけではなく、離島でお弁当を提供するために作られたのです。「天候の都合で離島に商品がすぐに届けられない!だからお店で調理して出す」そのためにホットシェフは生まれました。

 

私の旦那の実家は、スーパーが1件、ローソンとセブンが1件ずつしかない小さな町です。そんな町に、去年新しくセイコーマートが出来て父と母はとても喜んでいました。

 

「何でもそろっている」「安く色々な料理が食べられる」「近場にセイコーマートがあると便利でありがたい」と。離島や田舎にセイコーマートが行き渡り、身近で喜ぶ声が耳に入ると、セイコーマートの愛を感じますね。

 

セイコーマートの歴史とは?

実はセイコーマートは1971年からあり、日本ではじめて出来たコンビニの1つで古い歴史があります。比較の対象としてセブンイレブンがコンビニを始めたのは1974年です。

 

セイコーマートのルーツは、酒屋さんでしたが「このまま小さな酒屋では生き残れない!」と感じた創始者がアメリカで成長しているコンビニを元に作ったのが始まりでした。

 

初めの10年で100店舗まで成長し、今では北海道では約1000店舗、埼玉では10店舗強、茨城では100店舗弱を展開しています。そしてお客様の立場に立ってプライベートブランドを作り、離島など北海道にセイコーマートを行き渡らせたのです。

 

参考元:セイコーマート公式サイト・ウィキペディアより

 

終わりに

セイコーマートは「お客様に喜んでいただく」その理念で、お客様満足度全国1位に輝いたのではないのかな?と感じました。調べれば調べるほど、セイコーマートの道民愛を感じますねw

 

ランチに、おやつに、夕食で1品足りない時に、すぐそこにセイコーマートがあると助かります。あなたも気になりましたら、試しにセイコーマートへ寄ってみて下さいね。


スポンサーリンク


Pocket