シミの消しゴム!ハイドロキノン。その効果は絶大で「シミを消すクリームと言えばハイドロキノン」と言うくらい話題になりました。しかし、効果が高い分副作用が強い事でも有名です。

 

私にも顔全体と二の腕に、そばかすの様なシミがあります。産後にたくさん出来てしまい、悩んでいた時にハイドロキノンのクリームの事を知りました。当時は「通販でハイドロキノンのクリームを買うのは何となく怖いから、口コミの良いハイドロキノン配合の化粧品を買おう」と考えていました。

 

しかし、近所の皮膚科に娘を連れて行くと病院の壁には「シミの治療にハイドロキノン」なるポスターがΣ(・□・;)ハイドロキノン配合のコンシーラーまで売ってる!

 

しかも、1つ1800円(5g入り)で安い(゚д゚)!「診察代が500円だから合わせても2300円か…よし、少し話を聞いてみよう」

 

そう思い、娘の状態を聞きに看護師さんが来た時に聞いてしまいました。「あの、この後私もシミの事で相談しても良いですか?」「良いですよ!せっかくだから今相談聞きますよ~」と、ありがたいお返事が(>_<)

 

そして、そのままハイドロキノンを購入する事に♪

今回は、その時看護師さんに指導されたハイドロキノンの塗り方を詳しく紹介して行きますので、よろしければ参考にしてみて下さいね(^^)


スポンサーリンク


ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンは、シミを消す作用のあるクリームです。

還元作用が強く、シミの原因になるメラニンを作る細胞、メラノサイトを減らしてくれます。

この作用が美容家の間で話題になり、今ではハイドロキノンは「シミの消しゴム」と言われるまでになったのです。

 

しかし、効果が高いだけに注意して使わなければいけません。何故なら、副作用があるからです。

ハイドロキノンは使い方を間違えると、取り返しのつかない事態になってしまいます。

 

クリームをシミ以外の肌に塗ったり、長期間クリームを使い、肌の色が抜けてしまう。

紫外線対策を怠り、太陽の日差しをもろに受けたり、時間が経ち酸化したクリームを使うと、元あるシミが逆に濃くなってしまう事などの副作用ががあるからです。

 

なので使う前には医師に確認したり、市販で購入した場合は説明書をキチンと読んでからハイドロキノンを使うと良いですよ(^^)

 

実際に使ってみた!

これが今回皮膚科で購入した、5%配合のハイドロキノンクリームです。先生からは「皮膚に問題が無ければ7%のクリームを渡しますね!」と言われました(^^)

 

私のシミの状態です。こんな風に顔にたくさんの細かいシミが(´;ω;`)

それをハイドロキノンで撃退!顔にぬるクリームを出します。しかし…「出し過ぎた(´;ω;`)」ほんとに少しで良いので、これでも多いんです(;^_^A

これをほんの少し指に付けます。私の場合は、綿棒だとクリームを取り過ぎてしまうので、いつも指で顔に付けています。ゴマ粒位の量です!見えるかな~(;^ω^)

それを気になるシミの上に置いて、シミからはみ出ない様にシミにクリームをつけます。指にまだクリームが付いていれば、他のシミにもクリームを付ける!私はゴマ粒位の量でシミ2~3個は塗ってしまいます。

こうして少しずつ顔全体にクリームを付けたら終了です!

 

クリームが半分くらい余ってしまいました(;^ω^)やはりクリームを出し過ぎていたみたいですね。刺激が強いのかクリームを置いていた部分がピリピリしてきました(-_-;)勿体ないけど石鹸を使って洗い落とします。

(今回は、分かりやすい様に手の上に置きましたが、普段はティッシュの上にクリームを置いています)


スポンサーリンク


看護師さんから教わった注意点

今回クリームを貰う時に1番言われていた事。それは紫外線対策です。看護師さんには「朝一で日焼け止めを塗って下さい」と何度も言われました。

その理由は「窓から紫外線が入って、それがハイドロキノンにあたるとシミがひどくなるから」らしいです。

 

「室内にいるから大丈夫!はバツだよ」と。他にも…

 

★注意点

  • 紫外線対策は万全にする事。
  • クリームをたくさん塗らない事。
  • 酸化を防ぐ為にキチンと冷蔵庫で保存する事。
  • 10週以内でクリーム使い切る事。(使い切れなけば破棄)
  • 刺激が強いからシミ以外の皮膚にはなるべく付けない事。
  • 自己判断をしないで、何かわからない事があれば皮膚科に聞く事。

これらの事をお話ししてくださいました。使い方を間違えると皮膚の色が抜けたり、シミが濃くなってしまう事もあるらしいので、変な使い方をしない様に気を付けよう(`・ω・´)

色々とお話が聞けたので皮膚科でハイドロキノンをいただいて正解でした(^^♪

 

終わりに

ハイドロキノンはシミにとても効果が高いです。しかしその分使い方を間違えると大変な事になってしまいます。

顔にクリームを塗る時は、特に以下のポイントを意識した方が良さそうです。

★顔にハイドロキノンのクリームを塗る時のポイント

  • 塗るというよりも「顔にクリームを付ける」と、意識をして少量だけクリームを付ける
  • 紫外線対策を万全に
  • お医者さんの指示を守ろう

看護師さんにも「量は少なくても良いから、とにかくシミにクリームがつけばいいんだ」と言いながら、ほんの少しずつクリームを顔に付けていました。

そして、「たくさん顔にクリームを塗るのは厳禁」「自己判断はしないでね」との念押しが(;^_^A

話を聞いていると、素人が簡単に使えるクリームではない様に感じました。

 

なので、個人的には通販でハイドロキノンクリームを自己判断で買うよりも、皮膚科で貰うのが良いかな?と思います。もしも通販で買うとしたら、信用の出来ると事を探した方が良さそうです。

 

こちらは口コミも高そうです( *´艸`)


頑固なシミを一緒に撃退して行きましょうね(`・ω・´)

 

参考元:プラスキレイ ハイドロキノンクリームより

https://pluskirei.com/user_data/about_hq.php


スポンサーリンク


Pocket