プロパンガスって本当に高いですよね。ガス代の料金表を見てビックリ!「なんでこんなに高いの~(´;ω;`)」と、頭を悩ませていました。

 

そして、ネットで調べたり独身時代から行っている方法で、ガス代を節約すると、4人家族で夏は15㎥→10~12㎥に、冬は20㎥→15~18㎥に節約する事が出来ました。でも、私がやっている方法は労力がいるので、子供がいる家庭では難しいかもしれません(;^ω^)

 

今回紹介する節約法は、私が1人暮らしの時にも行っていた方法です。かなり節約効果がありましたので「多少、手間がかかってもガス代を節約したい!」と、考えている方は参考にして下さいね♪

 

因みに今は、ガスの契約を解除しています。下の方にリンクを貼っていますので、ガス無し生活に興味がある方は覗いてみて下さい(^^)


スポンサーリンク


あなたの家のガス料金は高い?安い?

「ガス代の節約をしよう!」と思い立ったら、始めにあなたの家で使っているガスの料金を確認して下さい。ガスの料金は、ガス会社によって千差万別で、全国平均より倍以上も高額な場合があるからです。その料金形態によっては

 

ガスの節約をしているのに、全然変わらない(´;ω;`)

 

と、なってしまい無駄な労力を使ってしまう事があるからです。ガスの契約を解除したり、引っ越しを検討しなくてはいけない位、高額な料金設定をしている可能性もありますので、ガスの料金を把握して損はありませんよ。

 

1ヵ月のガス代の計算方法は、基本料+単価(㎥)で考えます。ガスの料金は全国平均が大体、基本料金が2000円、単価が500円強です。なので、平均を超えると高額と考えて下さい。ただし、ガス代が割高な北海道は700円以上でガス代が高いです。

 

ガス代の料金は、契約をしているガス会社に電話をすると教えていただけます。もしも、契約しているガス会社の料金が高い場合は、料金の安い会社に変えるとそれだけでガス代が節約出来ます。

 

しかし、問題は賃貸の場合です。賃貸では、大家さんがガス会社を決めているので、入居者はガス会社を選べません。なので、同じ賃貸の入居者に呼び掛けて入居者全員で値下げ交渉をすると、ガスの単価を下げてもらえる事があるらしいです。

 

ですが、それは現実的に考えて中々出来る事ではありませんので、手っ取り早い方法としてはガスの契約を解除してガス無しの生活をするのが良いと思います。

 

ガス無しで生活する方法↓

住んでいる賃貸がプロパンガスだから契約しない!?究極のガス代節約法

意外と快適に生活できますよ(^^)


スポンサーリンク


無意識にたくさんガスを使っている

下の図は、ガスを使用したおおよその平均です。図を参考に考えて、あなたの使用量と比較して下さいね。


そもそも、ガスを使う場面は大きく分けて2つです。

★ガスを使うパターン

  1. 水道水をお湯に変えている時
  2. ガスコンロを使っている時

ガス代を節約する時、あなたはどんな節約をしていますか?「IHで料理をしている」「お風呂に入らないで、シャワーだけで過ごしている」確かに、この方法でガスの節約は出来ます。しかし、更に効果的な節約法があります。

 

それは、水道でお湯を作らない事です。実は、ガスコンロはガス代の中でも微々たるもので、あまり節約を意識しなくても良いと思います。それよりも、お風呂や食器の洗い物等で「いかに水道からお湯を出さないか?」の方が、よほど重要です。

 

それほどまでに、水道のお湯はガスをたくさん使ってしまうのです。例えば、冷たい水をお湯に変えるためにガスコンロを使うと、しばらく時間がかかります。

 

しかし、水道の場合は蛇口をひねるとすぐにお湯が出てきますよね?冷たい水をすぐにお湯に変えようとすると、その分だけ大量のガスを使って一気に水を温める必要があります。

 

その為、水道でお湯を使うとガス代が高くなってしまうのです。

※ただし、この情報はネットの情報を参考に私が考え出した答えなので参考程度にして下さいね。

 

なので、基本的に水道からお湯はなるべく出さない事を意識して下さいね。それを意識するだけで、私が1人暮らしをしていた時はガスの使用量は1~2㎥に抑える事が出来ました。金額にすると、3000円位です。(北海道なので少し高め)

 

今思えば、ガスの契約を解除しても良かったかも… 基本料金が勿体ない(-_-;)

 

水道からお湯を出さないで生活する方法とは?

水道からお湯を出さないと困るのは、お風呂です。かと言ってシャワーも結構お湯を使うので、コレ ↓ を使うのがオススメです!

これは、我が家にあるベビーバスです。このベビーバスに、ガスコンロや電子ケトルで沸かした熱湯を入れて、湯加減を見ながら水を少しずつ入れると丁度いい湯加減になります。

 

ベビーバス一杯分のお湯があれば、1人分なら十分足ります。かなり狭いですが、お湯を足せば湯船にも入れますよ(^^)もしも、お風呂場が狭くてベビーバスが入らない時は、大きめのポリバケツを使ってお湯を作ってみて下さいね♪

 

洗い物をする時は、電子ケトルで作ったお湯を食器にかけて洗ったり、オニギリを作って食器を使うのを控えたり、皿の上にアルミやラップを敷いて使っていました。


スポンサーリンク


終わりに

★ガス節約で大事な事

  • そもそも使っているガスの料金が高すぎないか?
  • いかに水道からお湯を出さない事

ガス代の節約で大切な事は、この2つです。光熱費の中でも、高額なガス代を減らせたら家計に余裕が出てくると思います。特に、水道からお湯を出さない様に気をつけて、お風呂やシャワーのお湯の量を減らすと水道代の節約にもなるのでオススメです。

 

気になる方は、1度試してみて下さいね♪

 

参考元:プロパンガス消費者センター

http://lpg-c.net/

プロパンガス消費者協会

https://i.lpg-consumer.com/


スポンサーリンク


Pocket