料理をする際に欠かす事の出来ないフライパン。しかし、そんなフライパンも1~2年使い続けると焦げ付いたり、コーティングされた素材がはがれてしまいます。実は我が家もつい先日、フライパンの素材がはがれてしまいました。

 

今使っているフライパンは軽くて、使いやすいので気に入っていました。しかし、フライパンが使えないと、主婦の立場の者としては大変困る。と、言うわけで早速近所のニトリにフライパンを買いに行って来ました。すると…

(スタッフさんに許可を得て撮影しています)

 

様々な種類のフライパンがズラリ!こんなにたくさんの種類があると、どれにしようか迷ってしまいます。なので、たくさんあるフライパンの中から【何を選べばいいのか?】や【フライパンの特徴】についてを調べましたのでまとめてみました。


スポンサーリンク


フライパンを選ぶポイントとは?

 

フライパンは、コーティングの素材や作られている材料によって使い勝手が全く違います。しかし、売られているフライパンの種類はたくさんあり、何が良いのか分からなくなってしまう事も…。なので、あなたがフライパンに何を求めているのか?その優先順位を出しましょう。例えば私の場合ですと

 

  1. 使い勝手の良さ(軽さなど)
  2. 値段
  3. 安全性
  4. 素材がはがれにくい
  5. 長持ちする

 

この様な順番でフライパンを見ています。私の場合は、フライパンは消耗品だと思っているので、安くて使いがってが良ければそれで良いのです。「日本で売られている物なら、多分安全だろう」と楽観的に考えているのもありますね。

 

なので、私の場合は軽くて安いテフロン加工のフライパンを主に購入しています。

この様に、あなたにとってフライパンを選ぶ時に「これだけは譲れない!」と、いう所を明確にしてからフライパンを選ぶとスムーズに、しかも失敗する事無くフライパンを購入できます。

 

では、次の章からフライパンの特徴を説明しますので、参考にしてみて下さいね。

 

焦げつきにくく・素材がはがれにくいフライパン

タイトルにある様に【焦げにくくて素材がはがれにくい耐久性に優れたフライパン】を求めている方にはダイヤモンドをコーティングしているタイプがおすすめです!人工的に作られたダイアモンドと、フッ素を混ぜてコーティングしています。

強度や耐久性が高いのが特徴で、とても使い勝手が良いのが特徴です。

 

値段が安いフライパン

めったに料理をしない一人暮らしの方は、テフロン加工のフライパンでも十分使えます。安い物では1000円以下でも販売していて購入しやすく、しかも軽くて焦げ付きにくいので使い勝手も抜群です。

ただし、その商品によっては、耐久性が低くてすぐに素材がはがれてしまう事もあります。なので、その点を考慮した方が良さそうですね。

 

安全性が高いフライパン

フライパンに加工されている素材がはがれると、料理と一緒に体内に入ってしまう場合があったり、フライパンを空焚きすると、体に悪いガスが発生する事があるらしいです。なので「なるべく体に悪くないフライパンが欲しい」その様に考えている場合は、PFOAフリーのフライパンを選ぶと良いですよ。

 

PFOAとは、簡単に言うとコーティングする素材と、フライパンをくっつける接着剤の事です。また、焦げ付きを防止してくれます。しかし、とても役に立つPFOAにもデメリットがあります。それは発がん性物質を含んでいる点です。

フライパンを高温で調理すると発がん性物質が出てきますので、それが怖いと感じましたら、PFOAフリーのフライパンを選ぶと良いと思います。

 

長持ちするフライパン

どんなフライパンでも、長年使うと劣化して使えなくなってきます。しかし、そんな中でも使えば使うほど馴染んでくるフライパンがあります。それが鉄製のフライパンです。

鉄製のフライパンは、使えば使うほど油がなじんで使いやすくなってくるのです。なので、同じフライパンを何年も使いたい場合は、鉄製のフライパンが良いと思いますよ。

 

ただし、さびや焦げ防止のために、使い方やメンテナンスに注意をしなければいけません。例えば

  • フライパンが熱くなってから油を入れる
  • フライパンが熱いうちに、熱めのお湯でフライパンを洗う
  • フライパンを洗った後はしっかり乾燥させる

 

などです。私も子供の頃に実家で鉄製のフライパンを使った事がありますが、手入れが大変で実家を出てからは1度も使いませんでした。ずぼらな私には、向いていませんでしたね(;^ω^)


スポンサーリンク


 

ニトリのおすすめのフライパンを紹介します

上の章で、あなたがどんなフライパンを購入したいのか大体イメージが付いたでしょうか?

そのイメージに合いそうなフライパンがあるか、探してみて下さいね。今回の章では、実際にニトリに行ってみたので、使い勝手の良さそうなフライパンを口コミと合わせて紹介して行きますね。

 

 

セラミック製のフライパン

今回私が買ったのが、こちらのセラミック製のフライパンです。IH対応のフライパンで、結構軽くて使いやすく、値段も2000円ちょっと。やはり、買いやすいのが1番の決め手でした。

更に、セラミックは硬くて耐熱性もあるので「強火で調理したい私にピッタリ!」と思い購入しました。

 

ただし、空焚きなどフライパンの温度を急激に上げてしまうと、セラミック素材が劣化してしまうので注意が必要です。

 

フッ素加工のフライパン

こちらはフッ素(テフロン)加工のフライパンです。このフライパンをおすすめする所は、何と言ってもお値段です。その値段は462円!ワンコインで買えてしまいます。

ただし、こちらのフライパンは耐久力が低いです。なので、たまに料理をする方におすすめしたいフライパンです。

 

セパレートパン

朝食や、お弁当作りに役に立てそうなフライパンがありました。それが、このセパレートパンです。玉子焼きを作りながら、炒め物が出来る優れもの。口コミを見ると、やはり忙しい朝に大活躍しているみたいです。

 

玉子焼き用のフライパンよりもこのセパレートパンを買えば良かったな~

 

T-Fal のフライパンセット

これは、様々な大きさのフライパンや小さなお鍋のセットです。T-Falは前に使った事がありますが、焦げにくくて使いやすいフライパンでした。それがセットで売っているので、フライパンを一式、買い替えようと考えている方や、これから1人暮らしをする方におすすめしたいフライパンです。

 

バラ売りもしていましたので、1つだけT-Falのフライパンを試しに使ってみて、次の買い替えの時にセットを買うのもありかも。普通のテフロン加工のフライパンに比べると、少し高めのお値段です。

 

立てて置けるフライパンのフタ

1年以上使い込まれている我が家のフライパンのフタです。これがめちゃめちゃ使えます。先ず、フライパンのフタって、料理中置くところに困りませんか?大きいし、熱いし、置いたところに丸く水滴がつくし…でも、このフタなら熱くない!場所も取らない!水滴も取っ手の部分から落ちてくるので、それだけを気をつければ周りが濡れません。

 

しかもフライパンの中が見えます。まあ、湯気で弱火でじっくり調理している時、限定ですけどね(;^ω^)でも、弱火で食材を煮込んでいる時にチラッと見る分には問題なし!

このフライパンのフタは、かなり役に立つので本当におすすめです。

 

終わりに

ニトリのフライパンってたくさん種類があって何を買えば良いのか分からなくなってしまいますよね…(;^ω^)そんな時は、目の前のフライパンよりも、先ずはあなたが「フライパンに何を求めているのか?」を明確にしましょう。

 

すると、買うフライパンがかなり絞れてきますよ。その後に、フライパンの特徴を見ながらフライパンを選ぶと、割とスムーズにフライパンを探せると思います。

近々フライパンの特徴をまとめた記事を書く予定ですので、そちらも参考に選んでいただけると嬉しいです♪


スポンサーリンク


Pocket